診察内容

Examination

診察内容

診察内容

婦人科一般

子宮癌検診、月経不順、月経困難症、不正出血、膣炎、性交トラブル相談、更年期障害、性感染症、漢方外来、子宮筋腫、子宮内膜症、月経調整、アフターピル相談、ブライダルチェックなども、不妊治療とともに行っています。
詳しくはこちら

女性不妊検査

膣分泌物細菌培養検査、子宮癌検査、ホルモン検査(採血)、超音波検査、卵管通水検査、性交後試験(フーナーテスト)、AMH検査(卵巣予備能推定の血液検査)、不育症検査(採血など)、感染症検査(採血)、風疹抗体検査(採血) 等を実施します。

タイミング指導

ホルモン採血検査や超音波検査で排卵日を予測しながら夫婦生活をとっていただく日をご指導させていただきます。 

人工授精

精液を洗浄・濃縮して細いカテーテルを用いて子宮内へ入れます(通常の性交では、精子は膣の中に射精されます)。当院では、精子洗浄技術を採用して人工授精の際に提供しております。
さらに詳しくはこちら

体外受精

卵巣内の卵子を針で穿刺し取り出し、体外で受精させた後、体外で培養し、育った胚を子宮内に戻す方法です。
さらに詳しくはこちら

顕微授精

特殊なガラスの針を使って、洗浄・選別された1個の精子を1個の卵子内に直接注入し授精させます。
当院では運動性の良好な精子を選別するシステムも用意しています(ご希望の方には別途、自費診療でご案内しています)。
さらに詳しくはこちら

男性不妊検査

一般正常精液検査、ホルモン検査(採血)、感染症検査(採血)、尿検査、睾丸の超音波検査 等を行なっています。

卵管形成手術

卵子と精子が出会う「卵管」。この通りが悪かったり、不具合があると妊娠の可能性が低くなることがわかっています。FT法開発者の一人である佐藤医師が治療を行います。(保険診療適応になる場合があります)
さらに詳しくはこちら

不育症

受精卵がうまく育たずに、出産前に流産が生じやすい方がいます。
さらに詳しくはこちら

着床不全

複数の良好な胚を複数回胚移植しても妊娠に至らない場合に、着床に問題がある(着床不全)と考えます。
さらに詳しくはこちら

PRP療法

さらに詳しくはこちら

二人目不妊

お一人目は授かったのに、なぜか二人目はうまくいかない。そういう方も大勢いらっしゃいます。当院では二人目不妊に対するアプローチ方法も実施します。
さらに詳しくはこちら

未受精卵子凍結・保存

卵子の老化に備えて、なるべく若い時期に卵子を採取し凍結保存を行う技術です。
さらに詳しくはこちら

カウンセリング

医師による治療コーディネート

お二人の身体の状況を確認させていただきながら、ご夫婦の希望にあわせた治療プランを提案させていただきます(要予約)。

看護相談

不妊カウンセラー・不妊症看護認定看護師・生殖医療コーディネーターの資格を持つ看護師が、通院中の情報提供・相談をさせていただきます(要予約)。

ブライダルチェック

腟分泌物細菌検査、性病検査、子宮癌検査、ホルモン検査(採血)、超音波検査、AMH検査(卵巣予備能推定の血液検査)、風疹抗体検査 等、患者様のご希望に沿って検査させて頂きます。

アフターピル(緊急避妊薬)

72時間以内にお越しください。当院は年中無休です。診察&お薬代 10,000円(税抜き)。

性病検査

クラミジア、淋菌、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎などの検査を随時行なっています。